お金にならない!

お金にならない!

オンラインで買い取りをしてくれる業者さんに、本の買い取りをお願いしました。かなり有名な会社というか、Amazonの梱包にチラシが入っているような、ちゃんとした会社でした。
送料は会社が負担してくれました。かなり大きい段ボール2箱だったので、送料だけでも2、3千円になるかもしれません。その分は差し引かれると予想してましたが、査定は予想以上にひどいものでした。
最近の新書や文庫本が多かったので、ブックオフで100円以上で売れるようなコンディションのものばかりだったと思います。中には、ブックオフから購入したもので、値札がついているものもありましたが、新しいものがほとんどでした。他には、最近話題になったハードカバーの本がメインでした。中古ではありましたが、漫画全巻シリーズなどもありました。
最初に査定結果の通知がありましたが、300円という事でした。あまりの金額の低さにビックリしましたが、自分でブックオフなどに買い取り依頼するのが大変なので、了承しました。ところが、後から不手際があったという事で、1300円と知らせてきました。
本の買い取りをはおかねばにならないとは覚悟していましたが、こんなに査定が低いとは思いませんでした。
査定結果に納得がいかない場合、送料無料で返してくれます。あまりにも割に合わないと思ったら、ブックオフなどで査定してもらい、不要な本はゴミで出したほうが、受け取れる額は大きいと思います。査定金額が低いのは、送料の負担、不要な本の処理費用も込みだと思っておいたほうがいいと思いました。

 

本や衣料品、貴金属など、なんでも買い取ってくれる業者に、買い取りを依頼しました。オンラインで依頼し、送料は会社持ちで依頼できました。
買い取りをお願いしたのは、ブランドの衣料品やアクセサリーメインです。オークションに出せば、トータルで三万以上になる商品で、量も段ボール箱2箱でした。
中には、単品でもオークションで数万で取引されている商品もあって、もちろん、その金額以上になると思っていました。
ところが、査定額を聞くと、千円ほどでした…。信じられないです。キャンセルして返してもらい、他の業務に再依頼してみました。
再依頼した先の査定では、一万ぐらいになりました。それでも低すぎると思って、買い取り対象になる商品を聞いて、処分する商品は返してもらいました…。
どんな人気ブランドでも、買い取り業者ではなかなか高額で買い取ってもらえません。要するに、買い取り業者の査定額には、商品の送料や処分費用が含まれているんだと思います。
買い取り業者に依頼する人というのは、手っ取り早く商品を処分したいと考えているのではないでしょうか。でも、オークションに出品中したりして、手間暇かけたほうが、買い取り業者から受け取る金額より、ずっとたくさんお金が回収できます。
買い取り業者賀買い取ってくれなかった商品もは、オークションで少しずつ処分しました。トータルで三万以上になりました。