本とネットの出張買取サービス

本とネットの出張買取サービス

数年前に引越しをして、その際にもう必要のない物を売りました。
売った物は本・漫画の2点です。これらはネットの買取出張サービスを利用し査定してもらいました。

 

売りたい本が中途半端に多い方にはピッタリです
買取出張サービスの最大のメリットは何かと言うと、それは本や漫画を買い取ってくれる古本屋へ運ばなくても問題ないということです。確かに「何冊以上でご自宅に伺います」という古本屋は存在しますが、取りに来てくれるための本の数はけっこう多めです。

 

引き取りから査定までスムーズです
私が使ったネットの買取出張サービスは、まず何冊あるのかを電話で伝えるとその量にあったダンボールが送られてきます。ですからそれに本を詰めて送り返すという作業で終わりです。
後日、電話があり「〜円になりました」と報告され、それに同意すれば取引成立という形になります。
引越しの期日が迫っている方などにはオススメできるサービスかと思います。

 

ホントにちょっとしたデメリットもあります
店舗型の古本屋でないため、手元にお金が届くまでどうしても時間がかかってしまいます。
私の場合は銀行の口座に振込まれるまで1週間ほどかかりました。
「欲しい物があるから本を売って今すぐお金に替えたい!」という方には向いてないかもしれません。

 

 

 

ある日どうしてもお金が必要で、なくなくゲームソフトをゲオに売ってきました。
ただその前に、何か所かゲームソフトを買い取ってもらえる店に回って査定してもらいました。
結果的には店によってそのゲームソフトの買取価格が高くついていたり、もちろん安く見積もられたりしていました。
そこで私は考えました。
その時はゲオでゲームソフトを3本買取成立で500円アップ、6本買取成立で1500円アップ、そしてなんと10本買取成立で3000円アップというキャンペーンを行っておりました。
しかしゲオでの買取価格が最低50円以上は必要でした。
私が売るゲームソフトの数は2〜3本だったので、そのキャンペーンがありでも利益的にプラスになるかどうかをほかの店を回って1つ1つにおけるゲームソフトの査定価格を吟味し考察しました。
すると、ゲオで売った方が3本まとめての場合においては1本1本単価が高い店に持っていくよりは700円も利益的にプラスになることが判明しました。
そうとわかったところでゲオで売って何とかお金にしました。
売ったゲームソフトはメジャーなものでドラクエのように多く市場に出回っているわけではなかったので高値がついて結構な値段になりました。
そのお金で私はなんとか必要なものを買うことができました。